目次:

1.口座開設方法

2.口座の有効化

3.口座の凍結

FX 口座開設

FXでトレードを始めるには口座開設が必要ですが、国内、海外ではレバリッジ倍率と証券会社側のロスカット方法が異なります。

■国内証券会社:レバリッジ倍率が低く、残高が一定比率を下回ると強制ロスカット
■海外証券会社:レバリッジ倍率が高く、残高以上のマイナス分は証券会社負担=ゼロカット制度

高いレバリッジ対応だとエントリーしたポジションに順行して相場が動いた場合は利益がより大きくなり、逆行した場合でも残高以上のマイナスはない=ゼロカットなので、資金管理をちゃんとしていればリスクは限定的です。個人的には海外証券会社推奨で、私自身も海外証券会社の口座開設をしました。

高いレバリッジ対応かつ、ゼロカット制度対応の証券会社をレバリッジ倍率の高い順にランキング化しました。

 

レバリッジ倍率の高いFX証券会社ランキング

1位 GemForex

FX

・新規口座開設だけで証拠金10,000円ボーナス
最大5000倍のレバリッジ(限定口座のみ5000倍、それ以外でも1000倍)
・ゼロカット(マイナス残高リセット)対応
・無料で使える自動売買ツールEAがある
・日本語サポート対応
・FXのみならず仮想通貨も対応

公式サイトを確認する

2位 XM

FX

・ゼロカット(残高マイナスになってもゼロになる)=追加負担なし
・手数料無料
・FXだけでなく、仮想通貨、金トレード対応
・24時間サポート
・口座開設ボーナス、入金ボーナスあり
最大1000倍のレバリッジ対応(選択した口座タイプによる)

公式サイトを確認

3位 FXGiants

FX

最大1000倍のレバリッジ対応
・ゼロカット(マイナス残高リセット)対応
・顧客満足度No.1、取引通貨量、稼働口座数がいずれもNo.1
VPSをフリーレンタルできる(入金額5万以上の条件あり)

公式サイトを確認

4位 BigBoss

FX

・追証なし(マイナス分が発生していも自己負担は証拠金分のみ)
レバリッジ倍率が最大999倍
トレード毎にポイントが付与され、ポイントはクレジットボーナスに換金可能
・多言語サポート
・銀行振込、クレジットカード、仮想通貨など入金方法が豊富

公式サイトを確認

 

口座開設方法

具体的な口座開設方法ですが大きくは変わりません。公式サイトにある口座開設ボタンまたはリンクから必要情報を入力フォームに入力し、開設申請します。

住所を英語表記を求められている場合は、日本語表記を英語表記に変換するサイトがあります。
JuDress

そして、メールで口座有効化手続きの連絡が来たら対応して開設完了です。とはいっても、やることは本人確認書類のアップロードなどです。

 

■xmtradingの口座開設画面(参考)

FX

 

これらの証券会社ですが、それぞれ口座について複数の種類があり、レバリッジ倍率やロット数が異なったりと相違点があります。

XMtrading
GemForex
BigBoss

 

口座の有効化

 

上記で少し触れましたが、口座開設申請して完了するとメールで通知が来ますが、その後は口座を有効化が必要なケースが多いです。具体的には本人確認です。

XMtradingの場合の本人確認
1.会員ページへアクセス
2.口座メニューから書類をアップロード実施
3.本人確認完了次第、メールで有効化完了通知がくる

 

FX
FX

 

口座の凍結

 

FXトレードは重要ポイントは余剰資金を使い、資金管理の徹底、これが最重要ですが、次に気を付けることが口座の凍結条件です。

これは各FX証券会社の規約に記載されているので要確認ですが、XMtradingの場合は2つあります。

1.残高がゼロになってから90日間経過
2.複数の口座間で両建てをする

これをすると口座凍結される可能性が高く、凍結されると復活はできません。その場合は再度口座開設からやり直す必要があります。

2.の複数の口座間両建てとは例えばXMtradingでAとBという口座2つを開設したとします。Aという口座にドル円の通貨ペアの買いのポジションを持ち、Bという講座では同じ通貨ペア(ドル円)で売りのポジションを持つと複数間口座で両建てが成立します。

 

FX

 

逆を言えば、同じ口座で両建ては問題ありません。上記で両口座に残高が残っていて、気づかぬうちに口座凍結条件を満たし、凍結されたら資金が戻ってくる可能性が絶望的になります。

最初は口座開設後に、自身のトレード手法構築のため、検証から入ると思いますが、その後、上記を忘れると手痛いダメージを追うことになるので、特に口座凍結に関しては、トレード前に再確認しておくことを推奨です。

 

まとめ
1.FXトレードを始めるには口座開設と口座の有効化が必要
2.国内と海外の証券会社ではレバリッジ倍率やロスカット方法が異なる
3.複数口座間で両建てを行うと口座凍結の可能性が高いので注意
 

■プロフィール

 

筆者:とくさん

一言:普段はカスタマエンジニアとして仕事をしています。FXは去年ごろから初めて、FXスクールに通って勉強や検証をしていました。その後トレードして利益も出していましたが、その後相場の状況がだいぶ変わったので再度トレードルール構築のため、検証をしています。

 

© 2022 FX rss